FX会社比較サイト

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは、外国為替証拠金取引のことで、外国の通貨を小額の保証金を元に売買すことができ、その取引差益や利子を得られるというものです。

1998年日本の為替に関する法律が改正され(外為法改正)、それまで指定銀行しか行えなかった為替業務を、それ以外の会社や個人も参加できるようになり、FXは個人投資家に急速に広がりました。


FXの特徴は大きく分けて4つあります。

一つ目は少ない元手で大きな投資が可能であり、投資効率がとても高い金融商品だということ。
これは、FX特有のレバレッジによる効果です。レバレッジとは、日本語訳で「てこの原理」を意味し、小額の保証金を担保に預けた資金の何倍もの取引ができる投資手法のことです。
例えば、レバレッジ10倍なら、10万円の資金で100万円分の取引をすることができます。もちろんこの取引で得られる利益は10倍になり、それにともなうリスクも10倍になります。

二つ目は、取引コストが安いこと。
外貨預金や外貨建てMMFなど他の外貨商品に対して、その取引コストは格安です。FXをするのにかかるコストには、基本手数料とスプレッドと呼ばれる売値と買値の差額になります。
現在、基本手数料無料のFX会社がほとんどなので、かかるコストはスプレッドの費用です。FXでは、このスプレッドもドル/円の取引で1銭やそれ以下で取引可能なFX会社が増えています。外貨預金のドル/円コストが2円近いことを考えれば、FXのコストがいかに安いか分かると思います。

三つ目は、24時間取引が可能なこと。
為替相場は土日を除いて、ほぼ1年中、24時間活動しています。時差の関係もあり、オセアニア→日本→ヨーロッパ→アメリカの順で主要な取引場が移動していき、1日24時間相場は動いています。
また、FXの相場が一番盛り上がるのはロンドンとニューヨークの市場が重なる日本時間の夕方から夜中にかけてです。これは、昼間働いていて忙しいサラリーマンやOL・主婦の人達にとって、魅力的な部分です。仕事や家事が終わった後に、じっくりとFXに参加することができるからです。

四つ目は、スワップ金利の収入があること。
FXでは、取引通貨間の金利差から発生する損益のスワップ金利があるため、金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売ればその金利差を利益として得ることができるのです。
ただし、その逆もあるため、金利の低い通貨を買って、高い通貨を売ればその金利差を支払わなければなりません。

このように株や先物取引に比べ、少ない予算で気軽に始めることが可能なFXは、大きな魅力を持った金融商品であると認知され、ここ数年その利用者を急速に増やしているのです。

FX会社比較サイト 注目のFX会社

オススメFX会社GMOクリック証券

FX オススメ

業界最高水準になるドル/円スプレッド0.3銭(原則固定)を実現。驚異のハイパフォーマンスで人気急上昇中!

  • FX(外国為替証拠金取引)とは?
  • FX会社選びのポイント
  • FX会社最強の組み合わせ
  • FXが持つ3つのリスク
  • FX 口コミ
FX 初心者

Copyright (C)FX会社比較サイト.All Rights Reserved.